嚥下内視鏡検査とは

嚥下内視鏡検査とは

「嚥下(えんげ)」とは、食物を飲み込む行為を指します。普段、健康な人であればあまり意識をせずに食べたり、飲んだりしていますよね。しかし年を重ねていくと、食物を口にした際に、口腔内から喉、食道、胃に至る過程での機能が低下し、食べ物や水分を上手に飲み込めなくなってしまうことがあります。また、病気や怪我の後遺症として、嚥下機能が低下してしまうことも。このように、うまく咀嚼や嚥下ができなくなる状態を「摂食・嚥下障害」と言います。

摂食・嚥下障害がおこると、食べ物や飲み物が誤って気管に入ってしまう誤嚥(ごえん)といった症状が現れることがあります。誤嚥が原因で「窒息」や「誤嚥性肺炎」などのリスクが高まり、食事の度に危険が伴うようになってしまうのです。しかし、摂食・嚥下障害は、体外から見ただけでは判断ができません。そんな摂食・嚥下障害を的確に発見できる検査が「嚥下内視鏡検査」です。

検査を行う必要性

実際に「食べ物を食べられる」ということと、機能として「正しく飲み込める」ということは別の問題です。正しく飲み込むことができていないと、誤嚥がおこる可能性があります。日本人の死因として上位に上がる肺炎ですが、高齢になるほど比率が高くなるのは誤嚥性肺炎が増えるためです。

嚥下内視鏡検査は鼻から内視鏡カメラを挿入したまま食べ物を食べていただき、口腔内での噛み具合や、嚥下の状態を確認します。摂食・嚥下障害の有無や誤嚥の有無を評価したり、安全に摂ることができる水分や食べ物の量・形状等を確認したりすることが可能です。また、嚥下の状況を分析した上で、嚥下訓練へのアドバイスや、適切な食事の姿勢などをお伝えすることもできます。

実際行う検査の手順

STEP1 ファイバースコープによる検査

STEP1 ファイバースコープによる検査

鼻からファイバースコープ(内視鏡)を入れ、喉の奥を観察します。

STEP2 食べる機能の評価

STEP2 食べる機能の評価

食べ物や水分を何種類か摂取していただき、食事の状態や食べる機能を評価します。

STEP3 分析

STEP3 分析

録画した検査結果をもとに、分析を行います。

※舌の運動機能が低下して飲み込みが悪い場合には「舌摂食運動補助装置(PAP)」が用いられることがあります。舌が接触できる範囲まで口蓋を厚くし、飲み込みを助ける装置です。こちらの装置は舌の訓練のために使われております。また当院では院内に技工所があるため、比較的に短い時間で装置を作成することができます。

その他にも患者様の口腔内の状況に合わせた運動補助装置がございます。

注意事項

  • ファイバースコープが鼻を通過する数秒間、ツンとした刺激を感じることがあります。
  • 検査の過程で検査用の食品を少量誤嚥してしまう可能性がありますが、安全に配慮した方法で行いますのでご安心ください。
  • 稀に鼻から出血することがありますが、少量ですのでご安心ください。

当院の嚥下内視鏡検査について

当院の嚥下内視鏡検査は、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会の標準手順に則して実施します。ご不明点がありましたら、お気軽にお尋ねください。

嚥下内視鏡検査に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ☆  042-477-1818